Source: NICOLAS Official & VIRGE Official

It would be great if you could support us with a small donation.
It might not be much for you, but it would help us providing more and better interviews in the future.
With a little bit of your support we might be able to realize even more!


Why have an interview with one band if you can have 2? A simple thought led to an amazing interview with SAKU from NICOLAS and 遼-ryo- from VIRGE to talk about their joint tour and single! Don’t miss this chance!



SAKUさん、遼-ryo-さん、インタビューさせていただきありがとうございます。NICOLAS・VIRGEは カップリングツアー「東亰アンタッチャブル(TOKYO UNTOUCHABLE)」を開催、お互いの楽曲をカバーしたCDをリリースしました。このツアーについてぜひ詳しく聞かせてください。まずはSAKUさんと遼-ryo-さんの出会いについて教えてください。

SAKU:お互い前のバンドの時に出会いました。事務所絡みで一緒に2マンをしたり。それが7年前だって話なんで、長いですね。初めての後輩が出来たって感じでとても印象に残ってます。

遼-ryo-:7年前ってすごいですよね。まだあの頃は右も左も分からなくて、よく勉強させてもらっていました。

ツアー名「TOKYO UNTOUCHABLE」に込められた意味を教えていただけますか。またメンバー全員で決めた名前でしょうか、それともお二人でですか?

SAKU:これはNICOLASの方で決めさせてもらいました。うちとVIRGEが組んだら無敵でしょうという意味で。

「TOKYO UNTOUCHABLE」は14本のライブを終え、ファイナルは6月中旬に開催されるとのことですが、そもそもツアーを一緒にやろうということになったきっかけを教えていただけますか?

SAKU:俺個人としては、以前イベンターが絡む形でNICOLASとVIRGEの2マンがあったんですけど。終わった後に少し後悔したんですよね。バンド発信でちゃんと想いを込めて2マンやればよかったなと。その後もイベントとかでVIRGEと一緒になることも多くて。やりたいなーという気持ちは持ち続けてましたね。で、EDGEの喫煙所で「やる?」って話をしたと思う。

遼-ryo-:イベントで一緒になった時にもう一度2マンをしようって話をしていて。その時にまだ地方も細かく回った事がないから今年は色んな所に行こうと思っているという話をSAKUさんにしたら、それじゃあ本数も多くしてツーマンツアーにしようかって提案してくれてそれから決まっていきましたね。

ツアーで、お互いの楽曲をカバーし合っていましたね。ご自身の曲がカバーされたり、他バンドの曲をカバーするのはいかがでしたか?

遼-ryo-:これは本当に面白かったです。NICOLASが二枚舌をやるとどんな感じになるのかもですし、俺も月下美人をどうVIRGEの色にしていこうかって考えてる時間も楽しかったです。

SAKU:俺はもう月下美人歌ってもらえたんで、これ以上ない喜びでした。二枚舌はライブでキラーチューン過ぎて、すごくハマりましたね。おかげで今ロスってます。

約1ヶ月間行ったツアーでたくさんの思い出ができたと思いますが、カップリングツアーでの個人的なハイライトは?

遼-ryo-:気付けばいつも俺の側にいるRITRUくんだったり、しつこすぎる二枚舌だったり、色々あるんですが、1番は東京公演で7年ぶりにミユキを歌わせてもらった事です。何かNICOLASにサプライズをと思って東京公演の2日前に決めたんですが、7年前のツーマンの時にも歌わせてもらったんで懐かしくて逆に泣きそうになりました。

SAKU:札幌2デイズ。EDGEのミユキ。あとはストーカー降臨。ツシマ覚醒かな。このツアーのMVPは間違いなくRITSUと紫月。

「TOKYO UNTOUCHABLE」とともに、お互いの楽曲をカバーしたCDと写真集をリリースされていますね。それぞれなぜその楽曲を選んだのか教えてください。

SAKU:カバーするなら自分達の持ち曲にするぐらいの気持ちでやろうと。変えてもいいし大胆に何を選んでもいいって話をして。うちは二枚舌にしました。まぁあとは彼の歌のキーで俺に歌えるものが二枚舌ぐらいしかなかったのも選んだ理由(笑)

遼-ryo-:最初は「月下美人」「真昼の蜃気楼」「ECHO OF SILENCE」「Delighted」「銃声が消えたこの街で」の5曲で悩んでいたんですけど、SAKUさんやZEROさんに月下美人はかなり昔のバンドの頃からある曲だと聞いていて大切にされている曲だと思い月下美人にしました。

ツアーで、一番楽しかった相手バンドの楽曲は?

SAKU:「遺言」はいつも楽屋で聴き入ってましたよ。あと「千」とか。

遼-ryo-:「ECHO OF SILENCE」ですね。痺れました。あとは「お仕置きの時間」。俺が初めてGossipのライブを見た時にすごく印象に残った曲で、Gossip時代の曲は特に沸きました。ファン目線で聴いていました。

ツアー中、一緒に過ごす時間が長かったのではないでしょうか?各地でライブ以外でも一緒に過ごすことはありましたか?

SAKU:ライブ以外だと、フェリーの時に俺と遼、AKANE、紫月で飲んだりはしたね?

遼-ryo-:飲みましたね(笑)。フェリーでくだけた話をしながら朝方まで飲んでました。RITSUくんとは東京公演の終わった後にご飯行きました。朝まで帰らせてくれなかったですね…。

もともとボーカリストになりたかったのでしょうか?それとも別のパートでもいいかなと思ったことはありましたか?

SAKU:空いていたパートがボーカルだったからボーカルになり。でもその後、別パートに変えたいなとかは一切思ったことないです。

遼-ryo-:俺は最初からボーカルやりたいって思って始めました。今でもたまにライブでギターやベース弾いたりドラム叩いてみたりしてるんですが、やっぱりボーカルが1番楽しいです。別のパートに変えたいとは思った事ないんですが、ドラムはしようと思っていました。でも左利きなんで、転換とか入れ替えるの面倒くさそうでやめました(笑)

ボーカリストとして、またバンドメンバーとして、一番苦労していることは何ですか?

SAKU:正直、好きでやってるし。俺は俺だからってところの性格が自分で強いのは分かってるので。さほど苦労とかしてないと思いますよ。強いてあげるなら、歌詞を覚えること。

遼-ryo-:ボーカリストとしての苦労は俺も特にないんですけど、強いて言えば体調管理ですね。バンドメンバーとしては作詞作曲担当しているんですが制作期間は毎回死にそうな思いをしながら作っています(笑)。

今回のツアーの全体的な印象と、6月のファイナルに向けた期待をお聞かせてください。

SAKU:不思議なぐらいベストマッチだったなと思います。それはバンドだけでなく、応援してくれるファン達と一緒に作ることが出来たツアーだったからです。実際、中身は自由過ぎるし、破綻してるなとしか思わないのですが(笑) それが東亰アンタッチャブルだなと。ファイナルも何故ホールだしね。この型破りなツアーに付き合ってくれた双方のファン達に感謝をもって、とことん暴れますのでツアーファイナル是非お越しください。

遼-ryo-:最初の方の公演は、NICOLASはどう仕掛けてくるんだろうと探り探りでやってたんですが、最終的には良い意味でぶっ壊れてたツアーでしたね(笑)。本当に一本一本が濃くて、本当にやれてよかったツアーだなって思います。ファイナルが楽しみです。

そして最後に、海外のファンに向けてメッセージをお願いします。

SAKU:俺たちの音楽によって誰かが少しでも前向きなれたらと思います。どんな理由があろうとも戦争に反対します。応援してくれて心からありがとう。いつか会いましょう。NICOLAS SAKUでした。

遼-ryo-:音楽が1人でも多くに届けられるようにこれからも歌っていきます。応援ありがとう。VIRGE 遼-ryo-でした。

Interview: Jenny

NICOLAS OFFICIALNICOLAS OFFICIAL TWITTER
SPOTIFYAPPLE MUSIC
VIRGE OFFICIALVIRGE OFFICIAL TWITTER
YouTubeAPPLE MUSIC

It would be great if you could support us with a small donation.
It might not be much for you, but it would help us providing more and better interviews in the future.
With a little bit of your support we might be able to realize even more!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s